アクセス

TEL

MENU

DRESS & ITEMWEDDING KIMONO

気取らず、ありのままの姿で自分らしく
唯一無二の存在感を解き放つ最新ドレススタイル
オリジナルブランドコレクション

  • 白無垢 最も格式高い、正礼装。
    花嫁の清らかさを象徴する白無垢。

    鎌倉時代・室町時代の武家や豪商の花嫁衣装として重宝されていた正礼装。古来から、清らかさや純粋さの象徴となる白を、表裏一面に仕立てられた白無垢は、日本の伝統的な花嫁のスタイルとしてとても格式高いものです。挙式の際につける角隠し、または綿帽子が、献身的に尽くす花嫁の姿を際立たせます。


  • 色打掛 豪華絢爛。
    佇まいも艶やかな品格漂う正礼装。

    室町時代末期から江戸時代にかけて、武家の女性が着物の上に華やかな打掛を羽織っていたのがはじまりです。色が艶やかで、柄は縁起が良いとされる鶴や松竹梅などの吉祥文様が豊富。会食や披露宴での着用もでき、角隠しをつければ正礼装として挙式に臨むこともできます。


  • 引振袖 優美なシルエットが魅力的。
    江戸時代から受け継がれる奥ゆかしい花嫁の姿。

    江戸時代後期に、武家の間で「引振袖に角隠しを合わせたスタイル」が当時の花嫁の正式な婚礼衣装として定着していました。明治・大正の頃は黒地の着物が主流。やがて帯の下からのぞく「おはしょり」をあまりとらず、裾を引いた独特の優雅なシルエットが魅力的な引振袖となりました。角隠しをつければ挙式にも臨めます。



花嫁衣裳(和装)の小物

    • 綿帽子 白無垢のときにだけ使う真綿で作られた挙式用の被り物。
    • 角隠し 綿帽子が白無垢にしか持ち入れないのに対し角隠しは色打掛や引振袖などすべての礼服に合わせられます。
    • 懐剣 和装の際、帯に挿す短剣。もともとは、武家のお姫様が護身用として所持していたもの。現在では新しく人生を歩む花嫁を様々な災いから守る役割の意を成し、アクセサリー感覚で飾ります。
    • 帯締め 白無垢のときにだけ使う真綿で作られた挙式用の被り物。
    • 帯揚げ 胸元を飾る小物。一般的な本結びの他に、入組や一文字など結び方で全体の和装の雰囲気を変えることができます。
    • 末広 末に広がっていく繁栄を象徴する、先につれて広がるおめでたい婚礼用の扇子。
    • 抱え帯 帯の下の位置に巻く、裾をたくし上げるための帯。
    • 草履 かかとが高いほど、より華やかさが増します。一般的には金色ですが、白無垢のときは白色を用います。
    • 半襟 引振袖、振袖を着用する際、襦袢の襟につけるもの。顔周りを華やかにし、絞り染めや刺繍などを取り入れれば装いの引き立てにも使えます。
    • はこせこ 江戸時代後期の武家女性が持ち歩いていた化粧ポーチのようなもの。引振袖を着るときに持ち、鮮やかな花模様や吉祥文様を用いたデザインが目立つ。

小物


PAGE TOP

COPYRIGHT ©DECOLLTE CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.

お急ぎの方はお電話で


FACEBOOK PHOTO MAKE